スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

厳しかった...

2/20 中潮

夕マヅメから夜間にかけてアジを狙う為
明るいうちから上関入り

明るい時間帯は子メバルが遊んでくれました
2/20

そうこうしていると夕マヅメを迎えます
2/20
この景色を見れるだけでも来て良かったと思えるほどの気持ち良さ

夕マヅメに大きそうなアジをバラシ(涙)
そこから沈黙が続きました...

2/20
ブリリアント2.5in 漁師グリーン

完全に日が落ち
常夜灯が効いた頃にボトムで反応
(〆た後の画像なので気持ち悪いDeath)


結局メバルが5匹(MAX22cm)
アジが2匹(MAX25cm)

書く事も無いほどの
完全にお手上げ状態でした


締め方なのですが
今まではハサミでエラから背骨を切断していました
(気が向いたときは海水に入れて血抜き)

せっかくなので美味しく持ち帰ろうと思ったので
今更ですが、神経締めをしてみる事に
スプリットシンカー自作用の硬質ステンがあったので
自作締め具を作成したのですが
太すぎて20ちょいアジの脊椎には入りませんでした
脳は突けるので即締めにはなるのでしょうが...

さっそく細いステン線(0.9mm)を購入し作り直しました

1番良い締め方は神経締め後血抜きみたいです
写真のアジのように、背側からハサミを入れ背骨を切断するのが
1番血が抜けやすいようです
しかし20前後のアジは生命力が弱いので
神経締めをしてもあまり意味が無いとも聞きました


締め方も色々あり奥が深いですね
今度食べ比べをしてみようと思います。

スポンサーサイト
[ 2011/02/22 11:33 ] アジング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

Place

Author:Place
山口県東部を中心に
ライトリグ道を極めるべく修行中

ジグヘッド単体での釣りが好きです

結果よりも過程を大切に
釣りを楽しみたいと思います

情報サイト
最新記事
月別アーカイブ
MAIL Form

名前:
Your Mail address:
件名:
メッセージ:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。