スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記憶をたどる

最近、身内に不幸がありまして

不幸と言っても、大往生を遂げたのだと思っていますし
最後に皆に囲まれ、涙ながらに送り出してもらえる祖母と
数年間ではありましたが一緒に最後を過ごせた事、誇りに思いました。

感傷にひたりながら昔の事を思い出したりしてまして

そしたら、なぜか少年期の釣りが頭を巡ってしまい
ネタもないので書いてみようかと(笑)



広島県の五日市という場所で高校時代までを過ごしたのですが
(当時は広島県佐伯郡五日市町、現在の広島県広島市五日市町)
家から自転車で20~30分も走れば海という恵まれた環境でした

さかのぼる事20数年(おっさんですから)

小学生の子遣いでは毎週の釣りの餌代が工面できず
庭でミミズを掘っては投げ釣りをしていました
海水に放り込まれたミミズは、すぐに動かなくなり白く変色したのですが
当時は海の環境が良く死んだミミズでも多少の獲物を手にする事ができ
胸を張って家路に着いたものでした。


ある日、いつもの防波堤に到着すると
数人の大人が先端部を陣取っていました
一般的な釣り人としては違和感を感じるような荷物や動作に興味を感じ観察していると
子供の自分では想像もできなかったような釣り方をし
見た事も無いようなサイズのアイナメを何本も釣りあげているのを見ました
kabuse



この日は自分の釣りどころではなく
かといって見知らぬ大人に話しかける勇気が出ず
微妙な距離感を置きながらも凝視していました

餌はどこにでもくっ付いているカラス貝(本当の名前は知りません)
kabuse
竿は持たず手釣り

竿の代わりにゴム管なような物にラインを通していました
kabuse

大きなアイナメが釣れる!
特別な道具もいらない!
しかも餌はタダで手に入る!

小学生の自分には夢のような釣り方でした

仕掛けから餌の付け方、手さばきから合わせ方までを必死に見て盗み
餌のカラス貝をかき集め、必死で自転車をこぎました
帰宅後に道具箱をひっくり返して使えそうなものをかき集めていました


kabuse
仕掛けは上の写真ような単純な物
三又サルカンで枝分かれさせた10~15cm程度のハリスにチヌ針
これを片方の殻を外したカラス貝の身に針先を隠すように刺し
貝の自重だけで落し込み、底で待つ
ゴム管を持ち、ゴム管の動きであたりを感じ、腕を振り上げ合わせる
なんとも単純な仕掛けの釣りでした


なんとか道具が揃い、海までの道を全速力で引き返し
大人達の数メートル横に座り込みカラス貝を落し込む
数メートル横ではポツポツとアイナメを追加していくのに、どうしても釣れない
苛立ちながらも、うす暗くなるまでカラス貝を落とし続けました


結局その日は釣れなかったのですが
そこからこの釣りにはまり、毎週毎週通い続け
数年間、冬季はこの釣り「かぶせ釣り」しかしませんでした

通い続け、試行錯誤するうちに餌はカキ打ち工場のカキ捨て場から
打ちそこなったカキを探し出し、餌にするようになり

手釣りから筏竿、小型両軸リールへと変わり
チヌ針や丸セイゴ等釣り針も餌の大きさや活性によって使い分けるなど工夫を凝らしました

ある程度慣れてからは、釣行毎にかなりの数のアイナメを釣り
母親からは、アイナメを持って帰るのをやめてくれ!
と言われたものです(笑)

今思い出すと、当時の子供にしては良く考えたものだと感心します

当時井口港という場所がホームだったのですが
毎週同じ場所に陣取っては殻つきカキを投げ込み
アイナメばかりを釣っているのだから目についたのでしょう
よく話しかけられ、数人の大人にレクチャーした覚えもあります


大人になると車を手に入れ、行動範囲は広がり井口港へ通う事も無くなったのですが
アイナメをあまり見かけなくなった時期がありました(自分だけかもしれませんが)
今はまた増えてきているという話を聞きますので
機会があればまた、かぶせ釣りもやってみようと思います


大人になってから知ったのですが
かぶせ釣りって瀬戸内発祥の釣りなんですよね
チヌやコブ鯛を狙う人も多いみたいです


そうそう、東北根魚ロッキングに憧れて
アイナメをルアーで狙おうと思ってタックルをそろえた事がありました
ベイト
テンリュウROCK EYE & スコーピオンMg1001

夏の山陰でアコウ狙いにも使用しているのですが
最近はロッドスタンドで埃をかぶりながら出番を待ってます
ちなみにアイナメは1度もかけていません...




かぶせ釣りで初めて釣ったアイナメ
夢なのじゃないか、いなくなってるのじゃないか、と心配で
何度も何度もクーラーを開けては確認してました


一つの事に全てを忘れて無我夢中になれる、子供の頃の純粋さ

最近忘れてたなぁ

そんな事を想いながら飲む焼酎はまた格別な夜でした




スポンサーサイト
[ 2011/02/02 16:48 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

Place

Author:Place
山口県東部を中心に
ライトリグ道を極めるべく修行中

ジグヘッド単体での釣りが好きです

結果よりも過程を大切に
釣りを楽しみたいと思います

情報サイト
最新記事
月別アーカイブ
MAIL Form

名前:
Your Mail address:
件名:
メッセージ:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。