スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エギングロッド

EVERGREEN ポセイドン スキッドロウ スムースダンサー PSLS-81M

このロッドは今でも使用しているのですが
192gと最近のエギングロッドから比べると重い
バランスを取る為のカウンターウェイトが入っているのですが
これが自重に貢献していると思います(笑)
表記はEgi Weight:2.5-4号となっていますが
4号無理っ
4号をしゃくるとバットがパワーを吸収してしまいます
定価43000円なのにステンガイドって...
HPSJ後のロッドティップのブレがなかなか止まりません。
これもステンガイドのおかげです(笑)

って良い所無しみたいな事書いてしまいましたが
良いロッドですよ

重量はありますが、カウンターウェイトのおかげで先重り感は全くないです
バットは意外と硬いというか粘りがありますし
折れに関しての安心感はあります
感度も十分ですし、2キロクラスを何回か掛けてますが
のされる事はありませんでした。
スラックジャーク系のしゃくりには向いていると思います。
たぶん2004年に購入しているので6年間使用してます
それだけ気に入っているロッドです


EVERGREEN ポセイドン スキッドロウ マグナムジャークPSLS 76MH

日本海での春アオリ3キロ超えを狙うために購入
ガチガチロッドでした
4.5号まで対応でき4号フルパワーしゃくりでも余裕
ただこれもやっぱり重い
グリップ脱着式ワンピースブランクのおかげで7.6ftなのに邪魔(笑)
7.6ftが手伝って伸びない飛距離、重くて硬いので痛くなる腕
腱鞘炎の恐怖から2シーズン使用後手放しました
キャスト時の振り抜きの気持ち良さ、最高の感度
太平洋エギングやハマチとの戦い
良い思い出を沢山くれたロッドでした


PSLS 76MHを手放して以来3年間
エギングは秋のみになっていました
なのでPSLS-81M で十分に事足りていたのですが
この秋は終盤ぎりぎりまでアオリを狙おうかと思いまして
そうなると狙いはキロアップ
PSLS-81Mでは多少不安とストレスが残ります

そこでニューロッド購入計画を立てました

候補としては

エバーグリーン インペリアルシリーズ
エバグリばかりになっちゃうので即効ボツ(笑)

ヤマガブランクス バリアス
日本の職人の魂が宿った山鹿ブランクス!
この響きに惹かれて購入しようかと思ったのですが
実物を触れない、使用感も聞けなかったのでボツ

宇崎日新 ピンクキャロル
色に惹かれただけなのでボツ

色つながりで
G-CRAFT DEVIL BLACK-MARK
ブリーデン スパイス
と脱線し始めたところで1度リセット

そこで思い出したのが過去に1度購入しかけたロッドが

カラマレッティー NVOVO LIMITED EDITION ROSSO
発売当初は売り切れ続出したとかしないとか
最近はけっこう在庫あるみたいですけど。

軽さと色(赤竿)に一目惚れしちゃった訳ですが実際触った事は無かったんです
それが昨日近くの釣り具店へ行くと置いてました
83MHがあったのですが、普段PSLS-81Mを使っている自分が持つと
まるで持ってないみたい(笑)
チタンガイドなのですが、超小口径!
20本位エギングロッドが並んでいましたがカラマのガイドは
他のロッドより目立って小さかったです。

感度に貢献してくれそうですが、ラインの抜けはどうなんでしょうか?
赤いグリップって見方によっては安っぽいし汚れそう...
これだけ軽いって事はブランクスも薄いんだろうし折れそう...

あえて不安や悪い見方を書いているのは購入してしまいそうだからです

買えばいいじゃないかって?

だって...
ロッド買うとリールまで欲しくなりそうだから

もう少し悩んでみます。





追伸
この記事を書き終わって30分後には注文してしまいました...
スポンサーサイト
[ 2010/09/21 13:32 ] タックル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Profile

Place

Author:Place
山口県東部を中心に
ライトリグ道を極めるべく修行中

ジグヘッド単体での釣りが好きです

結果よりも過程を大切に
釣りを楽しみたいと思います

情報サイト
最新記事
月別アーカイブ
MAIL Form

名前:
Your Mail address:
件名:
メッセージ:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。