スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漢は黙って3.5寸

Eging

9月26日 中潮 
この日は仕事の関係でいつもより遅めにポイントへ到着しました

そう!今日は待ちに待ったカラマレッティのデビュー戦です
PSLS-81Mとの比較もしてみたいので先週と同じポイントへ入ります

波止に上がってみると、人だらけ!
仕方がないので真ん中のワンド部分でキャストしつつ先端が空くのを待つ事に

3.5寸を結んで第1投! 
高弾性ブランクスが気持ちよく振り抜けます
HPSJ後のテップの収まりも早く、高く跳ね上げるような2段しゃくりも
パワーを吸収する事もなくエギがキビキビと動いてくれるような感じです。
しかし、ここは浅すぎて3.5寸だとすぐ着底してしまい釣りになりません

なんでも室津漁港では10月までアオリ禁漁との話を聞きまして
とある方がアジを釣っているのを勘違いされて怒鳴られたとか...
近年のエギングブームとサイズダウンがエスカレートしていく極小エギでの乱獲
生活のかかっている漁師さん達からするといい加減にしてくれって事でしょうか

少しでも小さなアオリが釣れてしまうのを防ぐために
3.5寸未満のエギは封印、カンナの掛かりが良いものはリリース
必要以上のキープをしないという自分の中のルールを決めました。
反省も含めてここに誓います。

そうこうする事2時間(長かった)笑
先端部の2人の先行者が帰られたので入らせてもらう事に

気持ちも新たに3.5寸金テープオレンジ(自分の中では基本カラー)に変えて
流れのヨレに向けてフルキャスト!
ボトム近くまで沈めてHPSJを入れようとしたらのってました(笑)
小さそうですけどカラマ初の獲物です
必要以上に慎重に寄せて抜きあげると水イカ

レンズが曇っていてピンボケですが良い思い出ができました

今度はエギを流れに乗せてのドリフトでティツプをひったくる様なバイトでズシッ!
DSCF0004_20100928094027.jpg
胴長16cmと小さいですが今度こそ初アオリ
これは記念にキープしました。

下げ3分程度になるとガンガンに潮が走り始めヨレにゴミが集まり始めました
流れに乗せてヨレに送り込んでやるとガンガンあたってきます
DSCF0006_20100928094026.jpg
カラーを変えてもズンッ!
DSCF0009.jpg
先週以上に流芯に潜んでいる固体が増えたみたいです。
胴長10cm程度のチビも抱いてきてしまうので
4寸に変えても15cm程度が乗ってきます
DSCF0012.jpg
ほんとアオリってある意味獰猛ですね

そんな感じでカラマレッティーデビュー戦は無事に終了しました
小口径チタンガイドのおかげで感度は抜群に良いです
テンション抜けのあたりも余裕で拾えました
感度のみで言えばPSLS-81Mよりも良いように感じました。
4寸でもガンガンしゃくれます

その反面ガイドの口径が邪魔をして飛距離は思ったほど伸びません
でも良い買い物をしたと思えるロッドでした

話は変わって
アオリイカのリリースに関して色々な意見を聞きました

※1度カンナで腕が(触腕以外でも)傷つくとそこから雑菌が入りエサが取れなく死んでいく
※触腕にかかると餌が取れなくなる=死
※地面に置いたりしなければ腕なんて関係なく生きていける

実際釣った後飼育した事がないので分かりません
お客様の話では旦那さんが釣ってきたメバルを水槽で飼ったが
針がかかった部分から腐っていき全部死んだ
なんて体験談を聞いたこともあります
水槽と自然界の中ではまた違う結果も出るのかもしれませんが...
この話について詳しい方がおられましたら教えてください。

今回約20杯ほどきれいにフッキングした物はリリースしてきました
生き残り、成長しまた春に楽しませてもらえるように。


途中 後ろに気配を感じ振り向くと
DSCF0016.jpg
目が合いました


スポンサーサイト
[ 2010/09/28 10:52 ] エギング | TB(0) | CM(6)
Profile

Place

Author:Place
山口県東部を中心に
ライトリグ道を極めるべく修行中

ジグヘッド単体での釣りが好きです

結果よりも過程を大切に
釣りを楽しみたいと思います

情報サイト
最新記事
月別アーカイブ
MAIL Form

名前:
Your Mail address:
件名:
メッセージ:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。